img_02

家族のスケジュール共有に必要なこととは?

私は昔からスケジュールを管理することが苦手でした。


独身時代は自分自身のスケジュールさえ把握していれば問題なかったため、然程気にはならなかったものの、結婚して子供ができるとそうはいかなくなるのが現状です。夫の出張、飲み会、夕飯が必要か否か。
また子供が幼稚園へ通い始めると毎日のように幼稚園から実施予定のイベントが記載された「おたより」が配布されます。

毎日家事と育児で目まぐるしく毎日が過ぎていく上に、日々の予定までがころころ変わる…。

本当の人力検索はてなについて考察してみましょう。

このままではいけないと考え、私がはじめに思いついたのが、スケジュール共有アプリでした。

スマートホンなら常に手元にあり、追加変更が手軽にできると考えたからです。
国内で人気のものから海外のものまで様々な共有アプリを試しました。

しかしどうもしっくり来るものがない…当たり前なのですが理想そのもののアプリは現れず、どれもどうしても痒いところに手が届かないのです。

そこで原点に戻り、壁掛け用のカレンダーに全てを記載することにしました。
夫のスケジュールは青、息子は緑、私はピンク、家族全員参加のイベントはオレンジ、というように色分けしたマーカーで予定を書き込みます。

最初は、カレンダーに書き込むのはどうも面倒なような気もしていましたが、実際にやってみるとこれが反対にスマートホンを使うよりも随分楽だということがわかりました。



もちろん、スマートホンのような手軽さはありませんし外出時は確認することができませんが、一月の様子が一目でわかり全員が同じカレンダーを共有できる。

何より、スマートホンの画面を通して家族の予定に目をやるより、面と向かってあの日は休みだとかその日は出かけようとか話すことが家族にとって素晴らしい時間なのだと感ることができました。

デジタル化でどんどん便利になっていく昨今、共有しなければならないのはスケジュールだけでなく目と目を合わせた会話なのかもしれません。